2018富士ヒルおまけ 地獄のダウンヒル

念願の

コラムスペーサーGETです★

 

かわいい~❤

これが欲しかった❤❤❤

 

女子はfinisherリングの他に

women リングも貰えるのです。

このピンクのやつが欲しくて

参加したんですよ

富士ヒルwww

 

 

さて 今回は登り終えたワタクシのお話をしましょう。

題して

 

《地獄のダウンヒル》

 

 

参加した方は既に お分かりであろうと思われます。

 

今回の富士ヒルは天候が本当に危ぶまれるものでありました。

天気予報はどこを見ても 【 雨 】 。

 

当日朝は、まだ降ってない状況ではありましたが予断を許さない空模様。

空気は湿気を帯び

登るには涼しくて丁度良い感じもありましたが待機中は肌寒く

レインジャケット 着るか着ないかどするよ?

ってな具合でギリギリまで迷った挙句

私は登りの時に自分が発する熱を信じて

レインジャケットをシートステー側のボトルゲージにねじ込んでスタートしたのです。

 

登り中は良かった。

私の判断は大正解、ジャケット着てたら湿気にやられてました。

 

登頂しても雨は降っておらず

(もしかしたら、霧雨だったかも)

 

お天気も全然平気だったよ~!

 

と呑気に構えて

下山用ウェア+レインジャケットにお着替えをし

お土産買ったり飲食したり 

上でなかなか ノンビリ過ごしていたものです。

 

ところがね。

その間に刻一刻と雲が迫って来ていたわけですよ。

というかね。

私は忘れていたのですよ。

 

我ら、自転車で雲の上まで登って来ていた。

 

という事に!!!

 

5合目。

天気が良けりゃ眼下に雲海が広がる高さだ。

それを下っていきゃぁそれはもう雲の下。

 

雲の、した。

 

そう。雨雲の下です。

 

大体もう視界が悪すぎて、ちょっと前も見えない状態。

下山の列も動いたかと思えば止まり

また動いたかと思えば止まり。

かなりノロノロ運転です。

スピードが乗って来ても渋滞があればストップ。

雨粒は次第に大きくなり

 

やがて豪雨に!!

 

目に雨粒が入って前が良く見えない。

前の自転車の後輪が跳ね上げる水しぶきが

ダイレクトに顔に降り注ぐ。

 

私の想像していた

スス~ンとラクちん♪ な下りとは大違いである。

 

ドロドロになりながら、ひたすら下を目指す。

直前にブレーキを交換しておいて大正解だった。

 

たぶん、コレ 換えてなかったら今頃死んでる。

 

登りの時には一度も足をついて休憩したいと思わなかったが

下りは何度も休憩しようかと迷った。

でも止まれなかった。

 

本能的に

不用意なストップをする事は落車のリスクを伴うと感じたのだ。

 

しかし、ゆるゆるペースのダウンヒルは

いつしか1時間を超え

ブレーキを握る手に震えがくる。

 

筋力の限界なのである。

 

そういえば、握力の筋トレってしてなかったな・・・

後悔の念に苛まれながら

ひたすら下る。

 

ブラケットではもう無理だ。

怖いけどブレーキは下ハンで握るしかない。

 

結果、豪快に水しぶきを上げながら下ハンで猛烈に下る私は

内心ビクビクなのに

見た目ちょっとカッコイイ姿であったと予想する。

 

止まれないだけなのにね。

 

 

ちなみに、料金所のあたりまで降りてきたとき

旦那と遭遇した。

どうやら停車時に前輪ロックしてしまい

そのまま一回転という派手な落車をしていたらしい。

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

それは・・・是非この目で見ておきたかった。

 

 

ちなみに富士ヒルのアンケートには

「有料で下山用のバスチケットを発行してほしいです。」

と書きました。

 

 

ランキング始めました。ポチっとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村