235J 装着してサイクリングロード <その2>

 

若干の不安を覚えながら、
荒川サイクリングロードらしきものを進む。

 

とてもこの先迷わずに進めるとは思えない。

もう既に一回一般道に出ているわけだが

同じ道を戻れる感じもしない。

 

クロスバイクの親子連れに道を聞く。

 

秋ヶ瀬方向から来たらしく、また戻るんだって!

ってことは…そっちの方向に向かえば

都心へ向かっているという算段で…合ってるよね・・・??

 

ぷるしぇは、それなりの方向音痴である。

 

同じ方向に進んでるつもりでも、

ちょいちょい曲がっていたりとか

 うっかり逆走してたりとか…そんな事が多々あるのだ。

 

そんなぷるしぇの不安を余所に、ガーミンは快適にラップをカウントしている。

1キロごとに、何かブルっとしながら音を発するが

 

うーん、ダサいな!

 

 

この音は正直萎えます。もっと軽快にならんものか。

なんなら私を音響開発スタッフとして雇ってくれガーミンさんよ。

 

 

【ガーミン235J 自動ラップ機能】

このガーミン235J 自動ラップ機能がありまして

種類は「位置」と「距離」の二種類。

距離の精度は50m刻みです。

 自転車の走行では、こんなに細かい数値いらないんですけれど

 ランの際には嬉しいですね。

 100mの半分で一回測定してくれる!(^▽^*)

 

 

今回ぷるしぇは1.00kmのラップで測っていたのですが

サーキットなんかでは位置でラップ取れるので

 

もてぎに持っていきたかったなぁ!!

 

しかし、「ピットの座標」と「走行レーンの座標」に

 それなりの誤差があると思うのですが、その辺りどうなんだろう。

 

 

予定の1時間半が過ぎたので、そろそろ帰ろうかなぁ。と引きかえす。

 引き返すんだけど・・・

 

あれ~?途中から、なんか見たこと無い道のような気がする・・・。

 

予測どおり、迷子!!

 

その3へと続く…。

 

 

↓ランキング始めました。ポチっとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村